手術のご案内

麻酔を受ける患者様へ

手術は健康な日常を取り戻していただくために行う医療行為ですが、残念ながら痛みを伴います(一部の検査も同様です)。また、痛みのほかにも手術・検査中の会話、機械の発する音などが不安や不快感のもとになる場合もあります。こうした“苦痛”を取り除くための医療行為が麻酔です。単に痛みをとるだけでなく、安心して手術や検査を受けていただくためのものであるとご理解いただければ幸いです。 (一部の手術・麻酔では副作用の有無を確認するために眠らずに起きたまま手術を受けていただく場合もあります。もちろん、その場合も痛みはありません)  麻酔には様々な方法があり、専門の知識と資格を持った麻酔科医が麻酔を担当します。まったく同じ手術に対して行う麻酔でも、手術を受ける患者さんの年齢や合併症(持病など)によっては異なる麻酔法が選ばれることもあり、この手術にはこの麻酔、といった決まりはありません。麻酔方法の最終判断は麻酔科医が行いますが、手術を担当する各科の医師と綿密に相談したうえで決定します。 麻酔法は一つとは限りません。複数の麻酔を組み合わせることも大変よく行われます。代表的な麻酔法をいくつかご紹介します。ほとんどの場合、以下の麻酔法の中から一ないし二つ程度の方法を選択して組み合わせて麻酔を行います。

麻酔の種類

  • 全身麻酔

    基本的にどんな手術にも対応可能なオールマイティーな麻酔法です。完全に意識のない状態で手術を行えるので、患者さんの苦痛は最大限に取り除かれると考えていいでしょう。また、手術後の痛みを取り除くために、後で説明する他の麻酔法と組み合わせることがとても多い麻酔法です。使用する薬も点滴の途中から血液中に投与するものやガスのように吸い込んでもらって用いるものなど様々なものがあります。全身麻酔は不安や不快感を取り除くことについては優れた方法ですが、循環(血圧や脈拍、心臓の状態)や呼吸にかかる負担が他の麻酔法に比べて大きい場合が多く、心臓や呼吸器に持病をお持ちの方(心筋梗塞・狭心症・気管支喘息・肺気腫など)に行う場合は、時として命にかかわるようなリスクを伴うことがあります。また、全身に麻酔を行うため、局所麻酔(手術する部分にだけ麻酔を行なう方法)に比べて使用する薬の量が多くなるという欠点があり、こうした条件を総合的に判断し、全身麻酔を行うかどうかを 決めるのです。

  • 静脈麻酔

    ごく短時間の検査や処置、小手術の際に行う方法です。全身麻酔と感覚的には変わらないでしょう。麻酔を行う側の技術・制度的な違いだとご理解ください。

  • 局所麻酔法

    全身麻酔に対して体の一部分だけに行う麻酔法です。さまざまな方法がありますので当院で行われることの多い代表的な方法を説明します。  これらの麻酔だけで眠くなることはありません。ご希望に応じて安全性の許す範囲で薬を使って眠っていただくことも可能ですのでご希望がある場合はおっしゃってください。

  • 脊椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔)

    足の骨折や泌尿器科の内視鏡手術、鼠径ヘルニアなど大雑把にいってへそから下の範囲の手術に多用されるのが脊椎麻酔です。正式名称は脊髄くも膜下麻酔といいますが、腰椎麻酔とか下半身麻酔などという言い方をされることもあります。  背骨の中には脊髄という神経の塊がとおっているのはご存知ですか?この脊髄はむき出しで背骨の中にあるのではなく、硬膜という袋に包まれ、その中にある脳脊髄液という水に浮いた状態で入っています。 この硬膜は脳から脊髄の端までをすっぽりと覆っているため、頭蓋骨からおしりの近くまでずっと存在します。この硬膜に腰骨のところで注射針を刺し、脳脊髄液の中に麻酔薬を注入するのが脊椎麻酔です。 一番の特徴は目は覚めているのに下腹部より下の感覚がなく、足も動かない、という奇妙な状態になることです。次に説明する硬膜外麻酔と組み合わせて行うこともあります。

  • 硬膜外麻酔

    脊椎麻酔の項で説明した硬膜と背骨の間に、ごく細いチューブを差し込んで行う麻酔法です。この方法の最大の特徴は、チューブを差し込んであるため、麻酔の継ぎ足しができるということです。そのため、手術後の痛みに対応するのに向いています。胸から下の範囲の手術でよく用いられる方法です。手術後の 痛みどめ、と言いましたが、手術中から使用することで一緒に行う全身麻酔の薬の量を減らすことができ、このことが薬の副作用が起こる可能性を下げる働きがあり、手術中から積極的に用いられます。  脊椎麻酔と比べると太い針を用いて麻酔を行うため、背中に血腫(血の塊)を作ってしまうことがあり、血をサラサラにする薬を飲んでいる方の場合には場合によって行えないことがあります。また、呼吸をするための神経と近くなってしまうため、腕や手、肩、首より上の部分の手術には使えません。

  • 神経ブロック

    手術の内容によっては特定の神経に麻酔をかけたり、硬膜外麻酔の項でお話ししたように手術後の痛みどめの麻酔が困難な部分について、神経が集まっていることろよりもう少し枝分かれした先で痛みどめをすることなどがあります。非常にさまざまな種類や方法がありますが、もっともよく行われるのは次の二つです。

  • 腕神経叢ブロック

    わんしんけいそうブロック、と読みます。肩や腕、手の手術の後の痛み止めにもちいることが多い方法です。痛みを感じる神経だけでなく、筋肉を動かすための運動神経にも麻酔がかかってしまうので、痛み止めと同時に効いている間は腕が動かなくなります。これは脊椎麻酔などと同様です。

  • 閉鎖神経ブロック

    へいさしんけいブロック、と読みます。泌尿器科の、特に膀胱の内視鏡手術の際に行うことがある方法です。閉鎖神経は、股の間に物を挟んだときに落ちないようにする太ももを締め付けるような動きに関係 する神経です。膀胱の内視鏡手術には電気を使って焼き切る道具を使うことが多いのですが、閉鎖神経という神経が膀胱のすぐ裏を通っているため、手術の際に電気でこの神経が刺激されると足が動いてしまいとても危険です。そのためそうした可能性のある部分を手術する時にはこの麻酔法が追加されることがあるのです。

【関連リンク】
 脳神経外科はこちら 整形外科はこちら