専門スタッフによるリハビリテーション

理学療法のご案内

理学療法とは、病気、けが、加齢によって身体機能に障害を負ってしまった方々に対し、身体機能の維持・改善を目的に運動療法や、温熱、電気、などの物理手段を用いて行われる治療法です。
直接的な目的は身体機能の回復にありますが、起き上がり、歩行などの基本動作能力、排泄、入浴などの日常生活活動の改善を図ることにより、生活の質の向上を目指します。

運動器部門


当部門では整形外科疾患を対象としたリハビリテーションに携わっております。手厚いリハビリテーションを提供できるよう、患者様の個々の状態に合わせて運動療法やマッサージ、物理療法などを行っています。

入院患者様には入院直後より早期離床、廃用予防、機能改善を目的にリハビリテーションを開始し、家庭・社会復帰に向けて日常生活に即した実践的練習や職業前練習などを実施しています。また、歩行補助具、車椅子、福祉用具などの選定などへの関わりや、住まいの改修が必要な患者様には家屋評価を実施し、地域のサービス提供機関とも協働しながら、改善案のアドバイスなども行っています。

当院では外来の新規患者様、入院から外来への移行される患者様のリハビリテーションも提供しております。入院から外来へ移行された患者様には入院中のフォローアップを、外来の新規患者様には病気により生じた、運動機能障害や痛みなどの改善を目的に、関節可動域練習、筋力トレーニング、マッサージ、歩行練習、物理療法などを中心に実施しております。
胸郭出口症候群の患者様には体操、日常生活動作の相談、光線療法、ウォーターベッドなどを行っております。

脳血管疾患理学療法部門


当院の脳血管疾患理学療法部門は急性期・回復期の脳神経外科・外科・内科の患者様のリハビリテーションに携わっています。

脳神経外科

脳血管疾患では手足に運動麻痺を生じることがあります。理学療法では運動麻痺に対して入院後早期より起き上がりや歩行練習などのリハビリテーションを実施しています。

外科

手術後の寝たきりによる肺炎などの合併症を予防するために、術前ではオリエンテーションを行い、術後は早期からの起き上がりや歩行練習など状態に応じてリハビリテーションを実施しています。

内科・呼吸器科・循環器科

痰の排泄介助、起き上がりなどの基本動作練習から日常生活動作まで生活を想定したリハビリテーションを実施しています。また、在宅で生活されている呼吸器疾患の患者様を対象に月2回呼吸器外来を実施しています。

作業療法のご案内

作業療法とは、日常生活活動などのセルフケア、仕事・生産活動、遊び・余暇活動といった人が行なう全ての活動を作業という言葉で表します。また、四肢の運動や動作なども生活の中で作業の習慣化に反映されるようにしていきます。
主な実施内容は、食事、整容、更衣、排泄、入浴などの身の回りのことの練習、家事や外出などの練習、職業関連活動の練習、福祉用具使用などの練習、住環境への適応練習などです。

運動器部門

運動器疾患担当の作業療法では主に手・手指の骨折、腱損傷、切断などの手の外科疾患、下肢の骨折、変形性関節症、脊椎・脊髄疾患などを中心とした病気により、身の回りのこと、仕事・生産活動、遊び・余暇活動などの作業や本人にとって意味のある作業ができなくなってしまった人を支援しています。また、手の外科疾患の患者様には医師と相談をして自助具、スプリント、装具の考案・作製・適合も行います。

脳血管部門

脳血管疾患担当の作業療法では脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳卒中を中心とした病気により、運動麻痺による片麻痺や高次脳機能障害などの影響で、身の回りのこと、仕事・生産活動、遊び・余暇活動などの作業や本人にとって意味のある作業ができなくなってしまった人ができるように支援しています。作業療法の手段として、各種作業活動、用具の提供、環境整備、相談・指導・調節を行ないます。

言語聴覚療法のご案内

言語聴覚療法室

言語聴覚療法とは、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患や事故による頭部外傷などにより物の名前や文字が思い出せない(失語症)、呂律が回りにくい(構音障害)、飲み込みにくい(摂食嚥下障害)、物事が覚えられない(記憶障害)、1つの事に集中できない(注意障害)などの症状に対して、評価・練習を行います。

対象となる障害

失語症の言語機能練習
構音障害の言語機能練習
摂食嚥下機能練習

失語症

日常生活でのコミュニケーションとして重要な、話す・聞く・読む・書くといった言語機能が障害されます。絵カードや文字カードなどを用いた言語練習やコミュニケーション方法の獲得を図っていきます。

高次脳機能障害

高次脳機能障害では、病気や交通事故などで、脳にダメージを受けたことにより生じ、注意力・記憶力・思考力などが障害されます。各検査を行い、現状を把握した上で、再び社会復帰や豊かな日常生活を過ごせるように練習やご家族への指導などの環境調整を行っていきます。

構音障害

唇や舌、呼吸筋の運動障害により、呂律が回らず上手く話せない、声量が小さくなるなどの症状が出現します。口唇や舌の筋力向上や五十音表を用いたコミュニケーション手段の獲得を図っていきます。

摂食嚥下障害

脳卒中や加齢により、今まで食べていた物や飲み物でムセ込んでしまうなど、飲み込む機能が障害されます。再び美味しく安全に食べられるように食形態やトロミ食の検討、ゼリーなどの少量の食べ物を用いた摂食嚥下機能練習、誤嚥性肺炎の予防などを行っていきます。