薬剤部のご案内

薬剤部のご紹介

「セコメディック病院 薬剤部は、業務内容においても県内でトップクラスの内容をおこない、他施設、学生の見学も随時受け入れております。薬剤師個々のスキルアップにも常に考慮し、業務固定は行わず、「全職員で全病棟、全業務を行う」ことをモットーにしています。職員のモチベーションも高く、専門・認定・学位取得のためにも支援があり、学会発表も毎年行っております。敷地内保育所の利用も可能で、ママさん薬剤師にも優しい職場をめざしております。」

業務について

  • 調剤業務

    外来患者様には、基本的に「院外処方箋」を発行しています。病院内の処方内容は電子カルテでチェックできますが、他の医療機関からの薬との飲み合わせは、かかりつけの保険調剤薬局でチェックすることをお願いしています。
    入院患者様には、院内の調剤室で処方箋や調剤マニュアルに従い調剤し、各病棟の薬剤師が配薬しています。調剤支援システムを利用しながら、飲み合わせをチェックし、安心して服用できるように努めています。
    厳確な服薬管理が必要な一部の薬剤は病院内で調剤し、院内薬剤部窓口にて説明や確認を行いながら、お薬をお渡ししております。

  • 注射薬払出し

    全病棟、入院患者様一人ずつ、1本単位でセットし、安全対策としてバーコードを1本ずつに貼付けて払出しています。このバーコードは病棟で投薬チェックの際に利用されます。全ての業務において、複数の薬剤師がチェックを行ない正確で安全な薬剤が払い出されます。

  • 製剤業務

    治療上不可欠ながら、市販されていない製品を医師からの依頼をもとに「院内製剤」として調製しています。

  • 医薬品情報(DI)業務

    医薬品情報室では、医薬品に関する情報資料を管理し、必要に応じてその情報を評価し、適切な加工をして提供します。また、質問に応じて調査した内容をデータベースとして保管し、情報を構築しています。
    さらに、院内の採用薬を決定する薬事審議会事務局としての機能をもち、審議会で審議する採用申請薬の調査、情報収集を行なっています。また、緊急安全情報、最新情報のアップデートを院内医薬品情報誌やイントラネットを通じて発信しています。

  • 医薬品管理

    期限切れの薬剤が絶対に使われないように、院内に分散する全薬剤の期限を把握しています。また、在庫に無駄がなく、且つ治療の妨げにならないよう、常に薬剤の動向をチェックし、必要最小限の薬剤を発注するコンピューターを利用した在庫管理を行っています。

  • 薬剤管理指導業務

    各病棟に毎日薬剤師を1名定数配置しています。担当をローテーション制にしているため、患者様の状態を多角的にとらえることが出来ます。
    持参薬の鑑定、処方切れのチェック、各患者様への配薬から服薬説明・相談までを行っています。各病棟に配置された薬剤師が一貫して行う事により、医師や看護師と直接相談しながら薬物治療支援が行え、持参薬との重複や飲み合わせもチェックすることができます。患者様に安心して薬物治療を受けてもらえるように常に心がけています。

  • 抗がん剤調製・薬剤科外来

    日帰りの外来化学療法、入院での化学療法に対して、当日の容態に応じて注射薬の混合(混注)を行っています。薬剤による被曝や、衛生面に注意し、外来化学療法室に隣接する専用の混注室内で安全キャビネットを用いて混合調製しています。
    化学療法のレジメンについては、事前に薬剤部に事務局を有する「化学療法委員会」で承認を受けたエビデンスのある治療を遵守し、患者様ごとに、用法・用量、休薬期間等をチェックしています。
    更に、抗がん剤を使用している患者様においては、使用薬剤によって異なる特徴的副作用をモニターするために、他科も含めてすべての薬剤を院内で調剤し、相互作用や副作用、効果の発現を確認しております。

  • 薬学生実務実習

    当院は実務実習指導認定薬剤師を複数有し、大学薬学部5年生の11週間実習を各大学薬学部より受け入れています。病院で行うべき、定められた実習項目(コアカリキュラム)は全て実習することができます。11週間の最後には実習中に興味を持った研究課題について、レポート作成と発表をしてもらい、評価表と一緒に大学に持ち帰っていただきます。

  • 在宅訪問薬剤指導

    訪問診療・訪問介護・訪問リハビリ・訪問歯科診療と協力し、通院が困難な患者さまにも病院に近い医療が受けられるよう、薬剤師も薬を持ってご自宅へうかがい、残薬の確認・効果・副作用の確認をしながら薬の説明を行います。

  • 治験管理

    治験(臨床試験)を行える病院は、十分な検査を行える設備があり、専門の臨床経験豊富な医師をはじめ看護師・薬剤師などのスタッフがそろっており、緊急時には直ちに処置がとれる必要があります。
    当院でも治験を行っています。治験が適切かつ安全に行われるように薬剤部は治験事務局として医師をサポートしています。

【関連リンク】 治験事務局はこちら

論文・学会発表

  • 患者に不安を与えた薬剤と紙おむつの着色反応

    日本病院薬剤師会関東ブロック*第48回学術大会
    http://www.tochigi-kanburo48.org/
    会期:平成30年8月25日(土)・26日(日)
    会場:栃木県総合文化センター、宇都宮東武ホテルグランデ
    発表者:斎藤文香



  • 薬剤部3報の論文がアクセプトされました。

  • 透析患者の生活の質と、介護者の生活の質の関係

    2018年7月 Frontiers in Pharmacology Front. Pharmacol., 16 July 2018
    https://doi.org/10.3389/fphar.2018.00770

    The Relationship Between Dialysis Patients' Quality of Life and Caregivers' Quality of Life

    Hiroyuki Nagasawa, Ikuto Sugita, Tomoya Tachi, Hiroki Esaki, Aki Yoshida, Yuta Kanematsu, Yoshihiro Noguchi, Yukio Kobayashi, Etsuko Ichikawa, Teruo Tsuchiya and Hitomi Teramachi

  • 透析患者の生活の質が服薬コンプライアンスに及ぼす影響

    2018年6月 Frontiers in Pharmacology
    Front. Pharmacol., 05 June 2018
    https://doi.org/10.3389/fphar.2018.00488

    The Effect of Quality of Life on Medication Compliance Among Dialysis Patients

    Hiroyuki Nagasawa, Ikuto Sugita, Tomoya Tachi, Hiroki Esaki, Aki Yoshida, Yuta Kanematsu, Yoshihiro Noguchi, Yukio Kobayashi, Etsuko Ichikawa, Teruo Tsuchiya and Hitomi Teramachi

  • オピオイド鎮痛薬使用患者における下剤の処方状況に関する調査

    日本地域薬局薬学会誌,2017;5(2):59-71

    山村美保,今野紗子,長澤宏之,五十嵐信智,杉山清