回復期リハビリテーション病棟の特色

当院の回復期リハビリテーション病棟では、急性期の治療を受け病状が安定し始めた状態の患者様に対し、365日の集中的なリハビリテーションを提供しています。

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種が連携して機能の回復や日常生活動作能力の向上を図り、患者様のより充実した社会生活・家庭への復帰ができるように支援します。

主なリハビリテーション内容

  • 日常生活動作練習:食事、更衣、入浴、排泄など
  • 基本動作練習:起き上がり、立ち上がり、歩行、階段昇降など
  • 余暇活動:エコクラフト、折り紙、ぬり絵、歌唱など

対象疾患

対象疾患 発症からの入院 入院期間(上限)
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャン術後、脳腫瘍、肺炎、急性脳症、脊髄炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、または義肢装着訓練を要する状態 2ヵ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 2ヵ月以内 180日
多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊雄、股関節文は膝関節の骨折 2ヵ月以内 90日
外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃周症候群を有しており、手術後又は発症後 2ヵ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1ヵ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヵ月以内 90日

病棟での活動

入院中の患者様にも季節を感じていただくために、年4回(お花見会・夏祭り・敬老会・クリスマス会)、病棟にてイベントを開催しています。また、看護師や作業療法士によるレクリエーションも日々実施しています。