診療日/受付時間

【診療日】
  月曜日~金曜日 午前/午後
  土曜日 午前
【受付時間】
  午前 初診(8:30~11:00)
     再診(8:00~11:30)
  ※火曜日は午前のみ 受付開始10:00~
  ※金曜日は午前のみ 新患・再診の受付10:30迄

  午後 初診(13:00~15:30)
     再診(13:00~16:00)

【眼鏡処方日】
  月曜日:午前/午後
  水曜日:第1・3・5週の午前/午後
  木曜日:第2・4・5週の午後
  土曜日:第3・5週の午前
  ※眼鏡処方は診察を受けてから医師の指示にて行います

  ご不明な点は、月曜日~金曜日の15:00~17:00の時間にお電話でお問い合わせください。

治療機器/検査機器の紹介

◆Stellaris PC (ボシュロム社 ステラリスPC 白内障・硝子体統合手術機器) 2015年導入

  

〈機器の特徴〉

1台で白内障手術、硝子体手術の両方が可能な統合手術機器です。新開発のステーブルチャンバーシステムや超高速硝子体カッター等により、より安全で目に優しい手術が可能となりました。

◆マルチカラーレーザー光凝固装置(ビズラス TRION) / YAGレーザー

機器の特徴

眼内レンズを入れている膜(水晶体嚢)が濁ってきます(濁りがでてくるまでの期間には個人差があります。)かすみが増し、視力が下がった場合には、このレーザー装置で膜に穴をあけ、濁りをとります。

◆OCT(Optical Coherence Tomography 光干渉断層計)

機器の特徴

網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する機器です。これにより従来の診察や眼底検査だけでは分かりにくい網膜の状態が明らかになり、断層像から網膜のむくみの程度や出血の範囲・深さなどを見ることができるため、より正確に病気の診断をし、今後の治療方針の決定や治療効果の判定を行うことができるようになりました。

◆ハンフリー(中心視野計)

  ハンフリー視野計

     正常な視野

   欠損が現れた視野

機器の特徴

異なる明るさ・大きさの光を提示して、光が見える最小の輝度からその位置の感度を決定する視野検査で、静的視野検査と呼ばれます。緑内障性変化のでやすい中心30度で検査をおこなうことが多いため、初期の緑内障の検出感度が高く、初期から中期の緑内障の経過観察に適しています。

診療実績

内 容 2017年度
(件)
白内障手術 408
結膜弛緩 7
硝子体注射 14
硝子体出血 3
緑内障濾過手術 3
眼瞼下垂症手術 16
翼状片手術 4
濾過胞再建 2
水晶体再建術 1
黄斑前膜手術 1
眼内レンズ整復術 1