ご挨拶

当科においては、口腔外科疾患全般を外来および入院下に行っております。口腔外科疾患とは虫歯や歯周病以外のお口の中の病気をさします。埋伏智歯、顎関節疾患、顎骨骨折、顎顔面領域の炎症、顎変形症、腫瘍、嚢胞、唾液腺疾患など様々な病気があります。虫歯や歯周病の治療は連携している近隣の歯科診療所で行っていただきます。また、口腔インプラント(人工歯根)治療に関しては、様々な病院機能を生かして、専門的に行っております。

対象疾患と診療内容

埋伏智歯

「親知らず」は通常、正しくはえることが少なく、横を向いて歯の一部のみが歯肉から顔を出していることが多いです.そのため3つの問題点を起こしてきます。1、親知らずの周囲歯肉が腫れて痛む(智歯周囲炎)。2、横を向いた親知らずが前の歯を押すことによって歯並びが悪くなる。3、手前の歯が虫歯になり、第二大臼歯の寿命を縮めてしまう。このような問題点から多くは抜歯することになります。ただ、骨の中に横を向いて埋まっているため、抜歯するには、歯肉をめくって、骨を削り、歯を分割して抜歯します。これは、される側は大変不快であり、恐怖感があります。当科では、通常埋伏した親知らずが2本以上ある場合は、入院し鎮静剤を点滴しながら(静脈内鎮静法)眠っている間に一括して智歯を抜歯します。

  • 智歯周囲炎

    智歯周囲炎

顎関節疾患

耳の前に顎関節という顎の関節がありますが、この関節に様々な問題を生じます。耳の前が痛くなったり、口が急に開かなくなったり、ものを食べるときにがくがく音がしたりする疾患を顎関節症といいます。初期に治療をすれば比較的簡単な治療で症状を取ることができます。また、口が開いたまま閉じなくなる顎関節脱臼もしばしば起こります。これは一度おこすと習慣性に生じることがあり、夜中や早朝に病院の救急外来を何度も訪れなければならないようになってしまいます。そのため口をあけることが恐怖になっている方もいます。当科ではそのような習慣性脱臼にたいして、手術を行うことによりそのような恐怖感を取り除いております。

  • 習慣性脱臼の手術

顎骨骨折

顔面の骨折に関しては、整形外科では通常治療しません。顔面下半分に頬骨、上顎骨、下顎骨がありますが、これらは歯のかみ合わせ(咬合)、咀嚼に強く関わっており、骨折によりそれらが障害されるため、口腔外科で治療を行います。骨折片の偏位が大きい場合や咬合がずれている場合は、手術によって治します。顎骨骨折の場合はギブス固定に代わって上下顎が動かないようにする顎間固定を行います。

  • 下顎骨骨折

炎 症

顔面の腫れる原因が歯にある場合は非常に多いです。ひどい場合は目の周りまで腫れるため目が開かなくなったり、顔面ばかりでなく頚部まで腫れて呼吸が困難になったりすることもあります。重度の虫歯や、歯周炎を放置すると起こります。腫脹や疼痛が強く、発熱したり、食事がうまく摂れない場合は入院下に消炎します。

  • 歯槽膿瘍

腫 瘍

体の細胞が異常をきたし、無秩序に増殖する病気を腫瘍といいますが、発育が緩慢な良性腫瘍と発育が急速で、転移や再発するものを悪性腫瘍といいます。口の中にも様々な腫瘍ができます。中には、口腔癌も発生しますが、非常にまれです.治療は、良性も悪性も手術による摘出が基本です。悪性腫瘍に関しては専門施設へ御紹介させていただきます。

  • 舌癌

嚢 胞

嚢胞とは聞きなれない病名だと思いますが、口腔粘膜や顎骨内には様々な嚢胞がしばしば生じます。ふくろを形成して中に内容物をためる病変を嚢胞といいます。口唇や頬粘膜にやわらかい半球状の腫瘤を形成する粘液嚢胞や、歯根の周囲にできる歯根嚢胞はよくみられます。通常何の症状も無く増大するため、大きくなってから歯科医院で撮影したレントゲンで発見されることが多いです。

  • 下顎骨嚢胞

唾液腺疾患

唾液腺とは唾液を作る器官です。耳の前にある耳下腺、下顎の下にある顎下腺、舌の下にある舌下線を大唾液腺といい、唾液の大部分をそこで作っています。そのほか、口腔粘膜下に無数にある小唾液腺があります。唾液腺にも様々な疾患が生じます。胆石や腎結石のように石のような石灰化物ができる唾石症はしばしば認められます。食事の度に顎の下が腫れたりする場合は可能性があります。そのほか、唾液がたまって舌の下や、顎の下が腫脹するガマ腫や、口唇にやわらかいふくらみを形成する粘液嚢胞といった病気もあります。中には、良性、悪性も含めて腫瘍も生じます。

  • ガマ腫

診療実績

内 容 2012年度
(件)
2013年度
(件)
2014年度
(件)
3年間合計
(件)
埋伏抜歯術 200 191 115 506
インプラント 20 23 26 69
粘液膿胞摘出 20 9 15 44
歯根膿胞摘出 12 9 13 34
顎骨嚢胞摘出術 18 18 2 38
上顎洞閉鎖術 3 5 3 11
顎骨腫瘍摘出術 4 3 7 14
顎骨骨折(頬骨骨折も含む) 6 1 4 11
小帯切除 2 1 2 5
唾液腺疾患 4 0 0 4
腐骨除去術 0 4 3 7
骨隆起除法 2 1 2 5
骨移植術 1 0 2 3
その他 18 9 23 50
総合計 2013年度
(件)
2014年度
(件)
2015年度
(件)
3年間合計
(件)
310 274 217 801

【関連リンク】 デンタルインプラントセンターはこちら

医師紹介

  • 澤井 俊宏(さわい としひろ)

    役職
    歯科口腔外科部長
    専門
    口腔外科全般、デンタルインプラント
    資格
    日本口腔外科学会認定
  • 須田 智也(すだ ともなり)

    専門
    歯周病
    資格
    歯周病学会認定医