ご挨拶

当科では、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)や手足の閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患をはじめ、心不全や不整脈など循環器領域全般の診断と治療を行っています。また、動脈硬化性疾患の原因となる高血圧症などの生活習慣病の管理も行っています。薬物治療だけではなく、動脈硬化性疾患に対するカテーテル治療や、不整脈に対するペースメーカー植え込み治療なども積極的に行っています。救急患者様には24時間体制で集中治療を行っています。また、同グループの新東京病院(松戸市)、千葉中央メディカルセンター(千葉市)の循環器科・心臓血管外科と緊密な連携を図り、高度専門的な循環器治療を患者様にご提供できるのも当科の特徴の一つです。

検査内容

◆マスター負荷心電図 ◆トレッドミル運動負荷心電図 ◆24時間ホルター心電図 ◆血圧脈波検査装置(ABI/PWV) ◆心臓超音波(エコー) ◆下肢静脈エコー/動脈エコー ◆冠動脈造影CT検査 ◆動静脈CT/MRI検査 ◆心臓/動脈カテーテル検査

主な症状

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)とは?

  •  

    心臓の周りには心臓の筋肉に血液と栄養を運ぶ冠動脈という血管が取り囲んでいます。
  •  

    冠動脈の血管の内側に動脈硬化が起こって血管の中が狭くなると、心臓の筋肉が一時的に血液不足となります。
  •  

    動脈硬化が進行して冠動脈が完全に詰まってしまうと、その先の心臓の筋肉に血液が全く行かなくなり、時間の経過とともに心臓の筋肉に大きなダメージが残ります。これが心筋梗塞で、心不全を起こしたり心臓破裂や突然死の原因にもなり非常に危険な状態です。もし、心筋梗塞になったらできるだけ早く冠動脈を再開通させ、心臓の筋肉を助けることが心臓の機能を保ち、命を助けるために重要です。

心臓カテーテル治療(PCI)

当院では狭心症・心筋梗塞の診断・治療として各種心電図や超音波だけではなく、心臓カテーテル検査・治療を行っています。

  •  

    不安定狭心症(心筋梗塞の一歩手前)の患者様の右冠動脈カテーテル画像です。矢印部分が詰まりかかっています。
  •  

    狭くなっているところで風船(バルーン)を膨らませて血管を広げ、再び狭くならないようにステントと呼ばれる金属製の筒を入れて血管の内側から支えます。
  •  

    狭い部分は完全に広がりました。

下肢動脈血管形成術

動脈硬化により浅大腿動脈(ふとももの血管)が完全につまっていて足の血液の流れが悪くなり、歩く時の足の痛みの原因となっていました。

  •  

    閉塞性動脈硬化症は壊疽(足が腐ってしまい切断が必要)の原因にもなりえます。
  •  

    詰まっているところにワイヤーを通して貫通させ、風船(バルーン)で膨らませました。
  •  

    ステントを入れて完全に血液の流れが戻りました。

透析用シャント血管形成術

  •  

    当院では透析患者様のシャントの詰まりに対するカテーテル治療も循環器科で行っています。
  •  

    風船治療を行いました。
  •  

    順調に透析が行えるようになりました。

冠動脈造影CT

2010年4月より冠動脈造影CT検査を導入し、時間や体への負担も少なく狭心症の診断をある程度行うことができ、治療の手助けとなっています。

  •  

    非常に良好な画像を撮影できます。
  •  

医師紹介

  • 菅野 公彦(かんの きみひこ)

    役職
    循環器内科副部長
    専門
    循環器科一般、虚血性心疾患、一般内科
    資格
    日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医
  • 山田 克己(やまだ かつみ)

    役職
    内科副部長
    専門
    循環器疾患、内科一般
    資格
    日本内科学会、日本循環器学会
  • 木下 良子(きのした りょうこ)

    専門
    一般内科、循環器内科
    資格
    日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医