足の血管が浮き出る・くもの巣状の毛細血管・むくみ・皮膚の茶色いあざ・かゆみ・荒れ|下肢静脈瘤かも?

TEL
Menu Close
キービジュアル

健康コラム

足の血管が浮き出る・くもの巣状の毛細血管・むくみ・皮膚の茶色いあざ・かゆみ・荒れ|下肢静脈瘤かも?

  • 健康コラム

セコメディック病院
下肢静脈瘤外来 鈴木 潤

下肢静脈瘤ってどんな病気?

体全体に行きわたった血液が、心臓に戻る血管を静脈といいます。

その静脈が重力などで元に戻るのを防ぐため、静脈内には逆流防止弁があります。しかしこの弁がゆるむと血液が静脈内にとどまってしまいます。

この結果、主な症状として足の血管が浮き出る・くもの巣状の毛細血管が出る・足がだるい・むくみ・痛み・かゆみ・荒れ・ふくらはぎのこむら返り・皮膚の色素沈着が生じます。

下肢静脈瘤ってどんな病気?

原因は?

女性は妊娠・出産により下肢静脈瘤になりやすい傾向があります。

その他、長時間の立ちっぱなしが原因の場合があります。立ち仕事に従事している方は男女問わず発症のリスクがあります。

また、遺伝的な要素もあり、家系に下肢静脈瘤のある方はこれらの環境になくても生じることもあります。

 

自然に治りますか?

自然治癒はせず、生活環境により悪化します。

現在の治療法ではレーザー治療やラジオ波が一般的となっています。当院でのレーザー治療は局所麻酔下での治療となり片足で20分~30分です。

状態によりレーザー治療ができない場合は、手術や硬化療法となります。

硬化療法は硬化剤を注射して、血管を硬め閉塞させる治療です。

圧迫療法は弾性ストッキングを着用し、症状の改善と悪化を防ぎます。

 

レーザー治療はどんな治療ですか?

レーザーで静脈を焼灼します。静脈瘤(ボコボコ)がしばらく残りますが数か月で縮小していきます。術中に鎮静を行ったり出血、深部静脈血栓症などの合併症の観察の為1泊2日入院での治療を行っています。

 

治療後、弾性ストッキングを1か月間着用します。術後の痛みはほとんどありません。退院後数日間は激しい運動などの制限が一部ありますが、退院直後から治療前とほぼ同じように生活することができます。
足のお悩みのある方は、ぜひ一度来院して、調べてみることをお勧めします。



健康コラム一覧へ

サイトマップ
ページトップへ
看護部サイト採用エントリー

患者さま・医療関係者のみなさまへ
患者さまがよくご覧になれるページをご案内いたします。

よくご覧になられるページ